021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

date :2012年03月11日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11 1年目に思うこと

1年前の3.11。

お昼まで何をしてたか全く覚えてないけど、14:46に起きたあの強い揺れからは
どう過ごしたかはっきり覚えてます。

幸い自宅にいたので、何が起きてるのかどんな規模なのか…TVで津波が港を襲うまさに
その瞬間を見ながら、とにかく大変なことが起きた…っていう認識だけは早いうちに持てました。

それから…

しばらくはあのパニックとも言える状況。



あれから、1年。

被災した人にも、そうでない人にも同じように時間は流れる。
どんな時も時間は淡々と過ぎていくんですよね。

そして、今 も 過去 になっていく。




わたしの住むエリアはあの日の揺れは震度5だったと記憶してます。

実はわたしは震度5の揺れの経験が過去にも1度あります。
中学のとき、学校で経験しました。
日本海が震源の地震です。
(じつはその時の揺れで、学校のダメージが大きくて在学中に新校舎が建ちました^^)

あのときも、余震が何カ月たっても起きて、もうおさまったかな~
って思ったころにやってくる…って感じでした。

その経験があるので、今まで多少揺れてもわりと冷静でいられました。

ただ、今さかんに言われている関東での震度7クラスの地震がきたら…
経験値を超えたものはやはり想定できなくて、考えられるものを準備する
ことしかできません。

しかも…

わたしの住むエリアは津波がくる可能性が十分ある場所です。

娘が心配して、もしわたしがひとりで家にいるときに地震がきたら、
家にいないでちゃんともっと高いところにある○○ちゃんのおうちの方に逃げてね…
ってことあるごとに言います。

学校の災害時の対策も津波を想定したものに変わりました。

1年前までは考えてもいなかったことでした。
でも、今は、そういうことも含めてリスクのある場所にいるんだという意識を
しっかり持っていなければいかんと思っています。
子供たちも守らなくてはならないし。

ひとりだったらこんなにきちんと考えてなかったかもしれません。

でも、わたしに何かあったら確実に子供たちは悲しむ…
そして、親より先に行ってはならないと思うし…
まして、うちまだばあちゃんも元気やけん…
(実家は東北ですが、震災の被害も少なく海からも離れているのでその点では心配ないところです)


震災から1年の今日、日本中のひとが何かしら東北へ想いを寄せて過ごしたと思います。
わたしもそのひとりだけど…改めてこれからのことも考えてしまった一日でした。

そして、震災で犠牲になられた方たちの魂が、どうかどうか悲しみを少しでも癒やせる日が来ますように。
祈りを捧げたいです。



そして…



明日は…



お楽しみ♪
ぐふ^^

スポンサーサイト

プロフィール

月子

Author:月子

最新記事

最新コメント

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。